「最近、妊活をしています。」「不妊症治療してもなかなかできない。」ということを聞きますが、なかなか授かれない要因の半分は男性の精子力の弱りがあります。

2018.9.19放送NHK総合22:00~クローズアップ現代+「精子力クライシス▽百人の子もつ男▽1千万円不妊治療の謎」

を見られた方はいらっしゃいますか?

その番組の中で不妊治療の体外受精における日本の成功率は、先進国の中で最低だ!と言われています。それはなぜか?

女性の方ばかり見て検査し治療しており、男性の検査や治療がおろそかになっているからです!

ゆえに、体外受精にて健康そうな精子を選び受精させても、実はその精子のDNAが壊れており、うまくいかないと。

ですから、気になる男性の方は泌尿器科を受診し、ご自身の精子を詳しく調べて、そして改善するようにしていただければ早く子宝を授かり、そして余分な出費を抑えることができます。

こちらも参考にしてみてください。

ここで自分でできる精子力アップ法は!!

○精子力アップの7ヶ条

  1. 軽めの運動
  2. 亜鉛の摂取
  3. 禁欲しない
  4. 体重管理
  5. 質の高い睡眠 (7時間程度)
  6. 長風呂・サウナを避ける
  7. ぴっちりした下着をはかない

そしてすればいいことは

  • 鍼灸治療:東洋医学では、生殖能力の衰えは腎(腎臓とは少しちがう)の衰えによるものと考えます。「腎の中の精気の盛衰が、生殖に深く関わっています。腎には、蔵精作用があり、この作用が失われると生殖能力に影響がおよび不妊症になります。」ですから、鍼灸治療によって、この腎機能を回復、活性化することによって、人しやすい体質、精子力のアップを行います。もちろん、腎が弱っており、不妊になっている場合もありますが、その他の要因もあります。その場合は、診察して適宜治療してまいります。
  • 漢方薬治療:漢方薬も鍼灸治療と考え方は同じで、アプローチ方法が鍼や灸、もしくは漢方薬でするのかの違いです。

他にも何か気になることがありましたら、お気軽に聞いてください♪