今年の夏は暑かったですね。まだまだ暑い日が続いていますが、こんな時期に最適な漢方薬を簡単にご紹介します。

【夏の消耗】に対して

  • スポーツやレジャー、暑い作業前には → 生脈散(しょうみゃくさん)、清暑益気湯(せいしょえっきとう)
  • 顔のほてりや口が渇くなど熱の症状があれば → 竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)
  • 水分を摂ってもなかなか吸収されない方には → 五苓散(ごれいさん)
  • 体の水分の消費は少ないが、だるさが強く、食欲も出ない、やる気が起きない方には → 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)

【夏の不眠】に対して

  • イライラして寝つきが悪い場合 → 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

【夏の冷え】に対して

  • 手足の冷え → 五積散(ごしゃくさん)、芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
  • お腹の冷え → 人参湯(にんじんとう)
  • 下痢、軟便などの胃腸風邪様の症状には → 藿香正気散(かっこうしょうきさん)

このように色々とあります。

参考にしていただけるとありがたいです。もう少し詳しく知りたい方は、お気軽に聞いてください。