みなさん、帯状疱疹(たいじょうほうしん)、帯状ヘルペスについて知ってらっしゃいますか?

症状は、体調不良の時に、水ぶくれができます。かゆみ、ピリピリ、じくじく、ズキズキ、また熱く感じたり、動かそうとしても痛くて動かせないほどになります。多くは、脇腹からお腹にかけて、背中に帯状(おびじょう)にできることから、帯状疱疹(たいじょうほうしん)といわれます。が、顔や首にもできることがあります。

原因は、子供の時にかかった水疱瘡(みずぼうそう)のウイルスが活性化して悪さを起こします。このウイルスは、水疱瘡になった後、神経節という体の中に潜んでおり、体の免疫力が低下して、弱くなった時に出てきて、悪さを始めます。

50代過ぎ〜かかりやすくなり、80歳までに3人に1人がなると言われています。治療が遅れたりすると、帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)という痛みが残り、何ヶ月も痛くて生活に困る患者さんも2割ほどいらっしゃいます。

予防法としては、子供の時にワクチンを注射する。大人になってからでも帯状疱疹予防ワクチンがありますから、接種することもできます。

もし帯状疱疹後神経痛になったら…… その時は鍼灸治療です!非常に効果的です☆

しかし、そこまで酷くならないことが一番です。気になる症状が出たら、早く病院に行きましょう。