この度、緊急事態宣言が発令されました。それを受け広島県からも「緊急事態宣言〜県民の皆様への5つのお願い〜」、「緊急事態措置等」が発表されました。

当院は、自粛要請施設に該当しないこと。はりや灸を行うことで、健康に過ごすために症状を改善し、免疫力の維持・向上になる。との観点から、緊急事態下にあっても感染症対策を十分に行った上で、診療を継続して提供いたします。感染症対策については、以下をご覧ください。

☆感染症対策☆

 当院は元から予約制であるため、他の患者さんとの接触や待合室での待機時間が極力少なくなっていますが、より注意して予約をお取りします。治療ベッドは半個室で仕切られていますので、治療後には、毎回ベッド、枕、クッション、来院者が触ったと思われる手すりやノブなどをアルコールにより消毒を行っています。入り口ドアも可能な限り開放し、換気に配慮し、締めなければならない場合には、1時間に1回以上(1回3分以上)を行っています。往診については、大変申し訳ないのですが自粛(緊急時を除き)いたします。以下にまとめています。

  • 従事者のマスクの着用、手洗い手指消毒の徹底
  • 患者さんごとのベッド周り、用具、入り口などの消毒
  • 換気の徹底(開放または1時間に1回以上の換気)
  • 予約制により、他の患者さん同士の接触を回避
  • 予約制により、待合室での待機時間の解消
  • 往診の自粛(状況を見ながら当面、緊急時を除き)
  • 来院の際、帰られる際の消毒の薦め
  • 発熱、咳、味覚障害、嗅覚障害の確認(確認した場合は保健所・医療機関へアドバイス)
  • その他、医学的質問や気になることの相談

ご存知の通り、新型コロナウイルスは、目に見えません。考えうる限りのことを行っていきますが、気になることがあれば気軽にお伝えください。あわせて、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。みんなでコロナに立ち向かっていきましょう!

令和2年4月21日 院長 中島清貴