今回は、男性のための妊活、子宝と漢方薬をご紹介したいと思います。

まず前回少し腎が弱ると精力減退や精子の量の減少、精子の活動量の低下がおこります。とお話ししました。(前回の記事はこちら)

今回はその腎を強くする漢方薬の紹介です。

インポテンツ(ED)、不妊(生殖機能低下)、精力低下など全体的に底上げしたい方へ

海馬補腎丸、八味地黄丸(八味丸)です。海馬補腎丸は腎の機能全体に効果的な漢方薬です。八味地黄丸(八味丸)は、冷えの症状があり、腎の弱りのあるものに効果的な漢方薬です。

精子の運動率を上げたい方へ

補中益気湯です。この漢方薬には、性ホルモン様作用があります。(細かくは、この漢方を構成している黄耆(おうぎ)、党参(人参)、白朮(びゃくじゅつ)による、中枢神経系の興奮・強心・性ホルモン様作用によって、筋緊張を高め全身の代謝を促進します。)

この他にも漢方薬があり、症状や体質によって使い分けます。

EDでよく使われるのが、バイアグラ、シアリス等が有名ですが、これは勃起しやすく、また持続させる薬です。ですから、本質的な性機能向上や精子の運動率増加には、難しいかと思われます。

他に気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。